• HOME
  • グローバル教育 ブログ

グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

2019フィリピンスタディツアー第4回事前学習

2019.06.17

今回は「フィリピンの文化」について、英会話の先生からクイズ形式で講義が行われました。

最初は地図を使って、今回訪問する場所や滞在先の確認をしました。

次にフィリピンの人たちが大切している「バヤニハン(Bayanihan)」について学びました。

フィリピンでは引っ越しをする際に地域の人たちが手伝ってくれたり、困ったときも近所の人たちが助けてくれる習慣があり、これを「バヤニハン(Bayanihan)」といいます。人と人のつながりが強いことを教えてもらいました。

また、センターや学校訪問ではたくさんの人たちと話す機会用意されているので、それらを有意義に過ごすための心がけを教えてもらいました。

4000.jpg1000.jpg2000.jpg3000.jpg

まもなく期末テストが始まるため、しばらく事前学習はお休みし、テスト明けから再び始まります。

CFJとのSkypeMeetingや現地でのプレゼンやActivityの準備などをグループに分かれて行う予定です。

投稿者:hashioka

第63回国連女性の地位委員会(CSW63)に参加

2019.06.11

「障害は障害者にあるのではなく、社会の中にある」

これは、今年の3月ニューヨークで開かれた第63回国連女性の地位委員会(CSW63)に参加した本校の卒業生長谷川さんが、会の中で行われたスピーチの中で印象に残った一言だそうです。

長谷川さんは高校時代、国際塾に参加し、大学女性協会にその活躍を評価され、CSW63に派遣されました。

5月末から教育実習で母校に帰ってきていることから、発展科目「女性」(総合的な学習)を選択している文理コース高校2年生対象に春に参加したこの会のことを話してくれました。

本会議と並行して行われた「サイドイベント」や「パラレルイベント」に参加し、同世代の人たちとさまざまな意見交換をし、彼女たちの意識の高さを強く感じたそうです。また、本会議の中でAgreed Conclusion(合意結論)にまとめるため、何度も意見のやり取りが行われている様子も印象的だったそうです。

IMG_20190611_152726.jpgIMG_20190611_150809.jpgIMG_20190611_145800.jpg

短い時間でしたが、本校の先輩が代表として活躍している姿を身近に感じた1時間ではなかったかと思います。

投稿者:hashioka

2019フィリピンスタディツアー第3回事前学習

2019.06.07

第3回目は社会の先生が「フィリピンの歴史」について、英語と日本語を交えて講義が行われました。

マゼランがフィリピンに到着以来、スペイン人の貿易が盛んになったという話から始まり、スペインに統治された時代から今までを、世界史の教科書の一部を引用しながら丁寧に教えてもらいました。

また、「ホセ・リサール」「アギナルド」の歴史的人物を紹介していただき、フィリピンの歴史の中でどのようなことをしたかを教えてもらいました。

IMG_20190607_163906.jpgIMG_20190607_163927.jpgIMG_20190607_170403.jpg

次回は「フィリピンの文化」について行う予定です。

そのあとはテスト期間に入るため、しばらくお休みし、テスト明けからは現地での交流会の準備に入ります。

投稿者:hashioka

2019フィリピンスタディツアー第2回事前学習

2019.05.31

昨年から始まったフィリピンスタディツアーに今年度は高校1・2年生合わせて30名の生徒が参加することになりました。中間テスト前に第1回目の事前学習を行い、今後のスケジュールを確認し、本日から本格的にスタディツアーに向けた学習会が始まりました。

第2回の内容は「スタディツアー参加の目的」を各グループに分かれ、考えてもらい、それぞれ発表してもらいました。

IMG_20190531_172933.jpgIMG_20190531_172946.jpgIMG_20190531_172954.jpg

今後、週1回のペースで学習会を行い、有意義なツアーとなるよう準備をして臨みたいと思います。

次回は社会の先生による「フィリピンの歴史」について学習する予定です。

投稿者:hashioka