高等学校での学び

ミッションスクール女子校 〜Educating for Life〜

* 自立する女性 *

自分の賜物に気づき成長し 他者との関わりを生きるよう 祈り奉仕する人に

本校の教育は、社会をよりよく変革するために貢献できる自立した女性の育成を目指した、聖ジュリー・ビリアートの意志を受け継いでいます。
一人ひとりの可能性を信じ伸ばすため、変えてはいけないものを大切にしながら、時代にふさわしい教育を創りあげていきます。女子だけという環境の中で、何よりも人としての自分を見つめ、様々なことに挑戦して自己の尊さと可能性に気づき、リーダーシップを身につけます。
ミサや週1時間のキリスト教倫理、総合宗教の授業、クリスマスの活動など、自分を見つめ、感謝と奉仕の心を育てるための宗教教育を行っています。

奉仕体験 宗教教育で育んだ精神の実践の場として、様々な奉仕体験に参加します。本校では、学校周辺の地域にはじまり、国内外までをも対象とした、幅広い多くの体験の機会が用意されています。 宗教教育・宗教行事 本校では、週に1時間キリスト教倫理の授業を行っています。キリスト教の価値観に基づいて神からいただいた力を十分に発揮し、人々とともによりよい社会の建設に貢献できる人間を目指しています。 気づきと学び 授業や奉仕体験を通しての気づきや学びを分かち合うことで、神さまから頂いた自分の存在を大切にし、自分と同じように他者も、すべての人も大切に受け入れる心を育みます。

黙想

授業が始まる前に必ず黙想を行います。
黙想は小さな祈りです。
静かに心を落ち着け、自らの内面に深く沈思し、授業に臨みます。

聖ジュリーの日

創立者聖ジュリー・ビリアートは、障がいを抱えながらも神への感謝の気持ちを忘れず、恵まれない子どもたちに神の愛を教え教育の機会を提供しました。
聖ジュリーの日には高1が手話体験、高2は福祉施設での奉仕活動、高3は講演の聴講やワークショップを行います。これらの活動を通して、生徒一人ひとりが聖ジュリーの精神を学び、受け継いでいきます。

発展科目「隣人愛」

聖書の中でイエスは私たちに「隣人への愛」を大きなテーマとして教えを説いています。「私にとって隣人とは誰ですか?」と尋ねられたイエスはあるたとえ話を語り、その中で【関わり】を持つ人が隣人であると説いています。
隣人愛の講座では、普段学校の中では直接関わることができない「障がいを持たれた方々」「お年寄りの方々」「普段からボランティアをされている方々」「小さな子どもたち」と【関わり】に出かけていきます。
▪奉仕体験に参加した生徒の感想

私は初め、児童福祉施設には特殊な状況に置かれている子どもたちが暮らしていると思っていました。
ところが実際に施設に行って一緒に過ごすと、その子どもたちも幼いころの私と変わらない、普通の小学生だということに気付かされ、勝手に私が偏見を持ってしまっていたことを反省しました。私は5年間施設を訪問していますが、行くたびに小学生から学び、彼女たちと思いっきり遊ぶことで元気をもらっています。

豊富な奉仕体験の機会

  • 児童福祉施設への訪問
  • 障がい者福祉施設のお菓子の委託販売
  • 街頭募金など多種多様なボランティア
  • フィリピンの子どもたちへの支援
    (チャイルド・ファンド・ジャパン)
▪奉仕体験に参加した生徒の感想

私は初め、児童福祉施設には特殊な状況に置かれている子どもたちが暮らしていると思っていました。
ところが実際に施設に行って一緒に過ごすと、その子どもたちも幼いころの私と変わらない、普通の小学生だということに気付かされ、勝手に私が偏見を持ってしまっていたことを反省しました。私は5年間施設を訪問していますが、行くたびに小学生から学び、彼女たちと思いっきり遊ぶことで元気をもらっています。