• HOME
  • シスター三宅校長の学園日誌 ブログ

シスター三宅校長の学園日誌

学園や生徒たちの生の姿を日記のように紹介しています。
日々の何気ない生徒たちの様子や頑張る姿、学園の毎日を感じていただけたら幸いです。

最近の記事

過去の記事

2017年10月12日

今日の午後、同窓会の役員の方々がいらっしゃって、清心祭でのバザーの売上から「マリアジュリー奨学金」のために寄付をくださいました。マリアジュリー奨学金は、名物シスターだったシスターマリアジュリーが帰天された時、同窓生の方々がシスターを記念して基金を集めて後輩たちの奨学金にしたものです。今も同窓会からの寄付で、中高の生徒に提供されています。シスターマリアジュリーは、第二次世界大戦中アメリカ人シスターたちが敵性国人キャンプに収容されたあと、学校と寄宿舎生を守った三人の若い日本人シスターの一人でした。唯一岡山弁で話すシスターでした。

DSC01446.jpg写真を探したところ、私の高校卒業アルバムのマリア会の写真でご一緒しているのが見つかりました。もちろん前列真ん中がシスターマリアジュリーです。

投稿者:sr_miyake

2017年9月29日

第5回岡山高校生ボランティア・アワードで、本校3年生の二人が特別賞を受賞しました。IMG_0251.jpg

この夏、岡山県日中教育交流協議会主催の " Students Exchange in 上海 " に参加した二人は、ボランティアと聞いて浮かぶ活動とは違いますが、「現状を変え、未来をつくる自主的な活動こそがボランティア」と訴え、この高校生の交流が将来の日中友好と世界の平和を築くものであるとして発表し、特別賞をいただきました。今月末には上海の高校生が岡山を訪れ、交流が続きます。IMG_0227.jpg

投稿者:sr_miyake

2017年9月22日

前期図書委員会有志(高校生6名、中学生2名)で、岡山県立図書館のティーンズコーナー企画展示に参加しました。9月24(日)から10月19日(木)まで展示されます。ぜひご覧ください。IMG_6904.jpg「人生を切り拓く偉大な女性」をテーマに、アンネ・フランク、アウン・サン・スーチー、マララなどを取り上げて作成しました。1948(昭和23)年に高等女学校から新制の清心女子高等学校になったばかりの本校を訪問したヘレンケラーも取り上げられています。IMG_6873.jpg有名無名にかかわらず、彼女たちも人生を切り拓く女性になってほしいものです。

投稿者:sr_miyake

2017年9月21日

DSC01436.jpg今朝少し早目に登校しましたが、もう高校三年生が小論文の指導を受ける姿がありました。昼休みにも、放課後にもよく見られます。DSC01437.jpgDSC01438.jpg

メキシコでは地震で多くの命が失われ、被害も大きくなっています。そんな中、昼には「地震による火事」を想定した避難訓練がありました。この訓練が役に立つことがなければよいのですが。

投稿者:sr_miyake