• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

成果及び活動 学会発表

2010年5月21日

2016年8月21日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Oral Presentation
Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders,Hynobius Dunni
(AKIYAMA Shigeharu)

2016年8月17日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Poster Presentation
The Impact of the the Red-eared slider, Trachemys scripta elegans, on Native Turtle Species in Japan
(AKIYAMA Shigeharu)

2016年1月10日 日本生物教育学会第100回全国大会(東京理科大学)
「授業における有尾類の活用」(秋山繁治)

2015年11月22日 日本生物教育会中四国ブロック・次期学習指導要領への提言に向けたシンポジウム
「女子生徒の理系進学支援の基盤を作る生命科学コースの開発」(秋山繁治)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Oral presentation
Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders Hynobius Dunni
(AKIYAMA Shigeharu)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Poster Presentation
Development of Techniques for Cloning Amphibians by Nuclear Transplantation
(AKIYAMA Shigeharu)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Poster Presentation Best Poster Award
Forest diversity and CO2 absorption
(AKIYAMA Shigeharu)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Poster Presentation Best Poster Award
The Impact of the the Red-eared slider, Trachemys scripta elegans, on Native Turtle Species in Japan
(AKIYAMA Shigeharu)

2014年1月12日 日本生物教育学会第96回全国大会(筑波大学)
「森林実習を組み込んだ学校設定科目"自然探究I"の実践」(秋山繁治)

2013年12月1日 第15回両生類自然史フォーラム(岐阜大学サテライトキャンパス)
「オオイタサンショウウオの飼育下の繁殖方法の確立を目指して」(秋山繁治)

2013年11月2日 日本爬虫両棲類学会 第52回大会(東海大学札幌キャンパス)
「オオイタサンショウウオの卵から育てた個体での繁殖 」(秋山繁治)

2013年1月13日 日本生物教育学会第94回全国大会(広島大学)
「SSH事業として取り組んだ女子生徒の理系進学支援プログラムの実践(第1期5年間)」(秋山繁治)

2011年8月18日 日本生物教育学会第93回全国大会(北海道教育大学)p12
「アカハライモリの生殖についての研究(アカハライモリの秋の配偶行動の謎を解明する)」(秋山繁治)

2010年10月10日 日本爬虫両棲類学会第49回大会(慶応義塾大学)
「アカハライモリの秋から春をまたぐ多重交配について (両季節の精子が受精に利用されている遺伝学的証拠)」(秋山繁治、小泉雄紀・三浦郁夫(広島大学大学院理学研究科・両生類研究施設)

2008年9月5日 日本動物学会第79回大会(福岡大学)
「オオイタサンショウウオの人工繁殖」(秋山繁治)

2007年11月17日 日本爬虫両棲類学会第46回大会(琉球大学)
「マイクロチップを使ったアカハライモリの水田付近での移動の追跡の試み」 (秋山繁治)

2007年8月2日 全国性教育研究団体連絡協議会・第37回全国性教育研究大会要項(新潟市).p66-69.
「高等学校での実践と今日的な課題("総合的な学習の時間"授業を展開して見えてきたもの)」 (秋山繁治)

2007年5月25日 日本科学教育学会中国支部研究集会(岡山理科大学)
「女子の理系進学を支援するSSHの取り組み」 (秋山繁治)

2006年10月22日 日本爬虫両棲類学会第45回大会(広島大学)
「飼育下におけるオオイタサンショウウオの繁殖」 (秋山繁治)

2004年8月8日全国性教育研究団体連絡協議会・第32回全国性教育研究大会要項(山口市).p60-61.
「学校改革のプロジェクトによって生まれた「発展科目」での性教育実践」 (秋山繁治)

2002年8月8日全国性教育研究団体連絡協議会・第32回全国性教育研究大会要項(札幌市).p60-61.
「学校改革のプロジェクトによって生まれた「発展科目」での性教育実践」 (秋山繁治)

2002年8月3日 日本生物教育会第57回全国大会(北海道大会)
「アカハライモリの貯精嚢及び生殖腺の季節変化」 (秋山繁治)

2001年11月11日 日本爬虫両棲類学会第40回大会(新潟大学)
「アカハライモリの貯精嚢中の精子の年変化」 (秋山繁治・岩尾康宏)

2001年8月8日 岡山県性教育協議会・第16回岡山県性教育研究大会要項(総社市).p25-31.
シンポジウム企画「性を考える(同性愛の視点から)」 (秋山繁治)

1999年8月5日 全国性教育研究団体連絡協議会・第29回全国性教育研究大会要項(熊本市).p40-43.
「パソコンを使った『国際情報』と発展科目『生命』の授業実践・情報収集活動を取り入れた性教育の総合的な学習」 (秋山繁治)

1999年8月27日 岡山県性教育協議会・第14回岡山県性教育研究大会要項(総社市).p33-36.
「パソコンを使った『国際情報』と発展科目『生命』の授業実践」 (秋山繁治)

1998年11月14日 日本爬虫両棲類学会第37回大会
「大分県野津町のオオイタサンショウウオの産卵調査」 (秋山繁治)

1997年6月19日 日本私学教育研究所・全国私立中学校高等学校研修会(名古屋ガーデンパレス)
「生徒とのかかわりをつくる性教育を求めて」 (秋山繁治)

1996年2月5日 日本性教育協会・実践のための性教育セミナー(中国四国ブロック)(岡山市)
「わが校の性教育当面する課題と実践」(秋山繁治)

1996年8月20日 第11回性教育研究大会要項(岡山県性教育協議会)要項p42-52
「課題文による実習」(秋山繁治)

1996年8月6日 日本生物教育会第51回全国大会(佐賀大会).p46-47.
「アカハライモリの教材化について」(秋山繁治)

1996年3月 兵庫陸水研究会・第15回例会
「アカハライモリの発生実験について」(秋山繁治)

1995年11月3日 日本爬虫両棲類学会34回大会
「飼育下でのカスミサンショウウオの繁殖」 (秋山繁治)

1995年8月8日 第10回岡山県性教育研究大会(岡山県性教育協議会)要項p5-9
「学校の性教育はどこに向かっていくのか。」 (秋山繁治)

1995年8月19日 香川県性教育協議会・第1回中国・四国・九州ブロック性教育研究会香川大会要項(善通寺市)
「高等学校の性教育の実践と課題・日常的な教育活動の延長としての実践」 (秋山繁治)

1995年8月2日 日本生物教育会第50回全国大会(千葉大会).p32-33.
「カスミサンショウウオの教材化について」 (秋山繁治)

1995年3月 兵庫陸水研究会・第14回例会(姫路市)
「岡山県のカスミサンショウウオについて」 (秋山繁治)

1993年8月4日 第23回全国性教育研究団体連絡協議会・第23回全国性教育研究大会要項(岡山市).p48-49.
「高等学校での性教育の実践とその課題・HRと教科での指導」 (秋山繁治)

1986年8月26日 日本性教育学会・第17回全国大会要項(岡山市).p39-40.
「高等学校での性教育の実践と問題点・ホームルーム担任として」 (秋山繁治)

  • 投稿者 admin : 09:40

最近の記事

no image
学級通信を初めて出したのが、赴任して3か月過ぎた1983年7月13日であった。高校1年生を担任し、最初から生徒と私の考え方が正面からぶつかる状況が続いていた。それをなんとか解決したい、自分の思いを理解して欲しいという気持ちから、学級通信「ぼうぼうどり」を発行した。最初は理解されるどころか、ゴミ箱に捨ててある状況だったが、とにかく辛抱強く、自分のメッセージを載せて発行し続けることで、時間はかかったけ…続きを見る
オオイタサンショウウオ幼生飼育を再開
12月1日から宮崎県都城市に異動して、サンショウウオやイモリを高校に置いたままで、課題研究のグループに世話をしてもらっていますが、少し飼育数を減らして欲しいということで、オオイタサンショウウオの幼生を大学の研究室に運んできました。 現在は小さなインキュベーターが一つしかないので飼育数は限られますが、予算をとって設備を充実させていかなければなりません。もうサンショウウオの産卵シーズンになっていますが…続きを見る
生命科学コースの一期生の保護者から花
2006年に文科省SSH事業の指定を受けて生命科学コースを開設し、最初の入学生を受け入れました。11年目になり、生命科学分野の研究者として就職している卒業生もいます。 今日は、僕がノートルダム清心学園から南九州大学に異動したということで、保護者の方が花を贈ってくださいました。これまでは高校で、高校生に課題研究を直接指導してきましたが、これからは教員養成が仕事です。10年以上の歳月が流れても、今でも…続きを見る

研究室を少し整備

2017年1月16日

研究室を少し整備
研究室としていただいたのは演習室で、片面はスチール本棚、片面がホワイトボード、それに古い引き出しのついた机が一つと作業台が2つだけで殺風景な部屋でした。 12月に引っ越してきたばかりの時は閑散としていたが、1月に帰省した時に、書籍、研究機材やパソコンの周辺機器を車に満載して運んできたので、少し研究室らしくなってきました。インターネットも利用できるようになり、HPも更新できます。テレビも受信できるの…続きを見る
英会話のEric C.Han先生の本
エリック・ハン(Eric C.Han)は、清心女子高等学校で英会話の講師をされていた。当時の彼の話では、大学では分子生物学(ショウジョウバエを使った研究)に取り組んでいたけど、大学院では、東洋史を研究したいということだった。 その後、アメリアに帰ってからコロンビア大学で東洋史を専攻し、チャイナタウンをテーマに研究され、その成果をまとめたのが、今回出版された"Rise of a Japanese …続きを見る

瀬戸内記念病院

2016年12月31日

瀬戸内記念病院
2003年10月、母は僕が生徒を引率して、沖縄研修旅行に行っているときにくも膜下出血で倒れた。 3日以内の命と言われ、頭を切開して処置することもしなかったが、奇跡的に助かった。 今、95歳、女性の平均寿命をはるかに超えている。その間に、病院も建て替えられ、名前も「山陽病院」から「瀬戸内記念病院」になった。岡山から遠く離れた宮崎に移動したのでなかなか会えないので大晦日になってしまったが、病室に面会に…続きを見る

このページの先頭へ